ARを活用した「動く年賀状」 松江市が地域活性化狙う

カテゴリー: 写真アプリ 2017年12月7日 3:56
AR年賀状の実証実験は、松江市にある「松江歴史館」にて行われます。来館者は、コミュニケーションロボット「Sota(ソータ)」の声かけにより写真と動画の撮影が可能です。撮影データは、ARアプリ『タメスコ』のクラウドセンターに自動で登録されます。年賀状を受け取った人は、同アプリ写真を読み込むことで動画を視聴できる ...
配信元サイトで全文を読む »