大分県、独自品種のイチゴ「ベリーツ」

カテゴリー: 写真アプリ 2017年12月7日 9:45
寒い時期でも鮮やかに赤く色づくため、写真共有アプリ投稿時の見栄えも良いという。 大分県では現在、イチゴ農家の8割が「さがほのか」を栽培しており、県独自ブランドを望む声が高まっていた。ベリーツを栽培する田中広幸・県いちご販売強化対策協議会会長は「従来より肥料が少ないなど育てやすい品種。安心して食べ ...
配信元サイトで全文を読む »